フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • にほんブログ村

2020年8月 3日 (月)

2020年8月3日(月) 城池の夏が始まった。

 梅雨も明け、熱い夏が来た。

 今年はブルーギルとオイカワが半端でない。甘い餌ならば落とした瞬間にエサがなくなる。ウキがが寝てしまいひどい状態に。

 そんな中での底釣りをするが、3〜4枚に1枚は純ベラが混ざってくれる。相変わらずニラ太郎が頑張っている。色付きマブナも釣れる。

 20200803

 

2020年7月31日(金)船越で竿を出した。

半年に一回、静岡の整形外科の定期検診があるので、その帰りにいつも釣りをし旧友と再会している。

その前に鯨ヶ池も見てきた。そしてエサの補給に松井釣具店のも寄ってきた。

船越は昨年放流したヘラが全て鵜に食べられてしまったとの事で、新ベラは誰も釣っていないらしい。その為今釣れるのは良型での大型ヘラばかりだ。

この日4時間弱の釣行だったが、15枚も釣れ満足のいく釣果だった。 仕掛けは10尺の両ダンゴ底釣り、道糸1.2ハリス45−37の0.6、針は7号。

202007312

↑ 船越の大先輩O氏

20200731

↑鯨ヶ池の状況、ヒシモが凄かった。

2020年7月29日 (水)

2020年7月29日(水) 雨ばかりで、今日は城池!

 なかなか今年は梅雨が明けない。

 今日は雨予報でないので、城池で竿を出した。

 堰堤はいつものメンバーで成瀬氏、裾野の勝又氏、浅瀬ではトイレ前に川原氏と野末氏が朝早くから竿を出していた。

 堰堤はその後、長靴のM建材の爺さんと連れが来た。始め入口の坂の堰堤にセットしようとしたので、「底は蛇籠があるから底釣りは出来ないよ」と忠告したら階段に移った。その後勝又さんの後に入って僕の横にきたが相変わらず挨拶せず。途中話しかけてはくるが・・・。

 今日は狩野川の水は入らず止まっていた。14尺の底釣り両ダンゴ。2時の納竿まで11枚(内純ベラは5枚)ほぼ2枚で1枚の確立。Img_8481

2020年7月25日 (土)

2020年7月24日(金) スポーツの日祝日

 この連休は今日だけ雨が大丈夫の予報で、城池に。

 函南の成瀬氏が10ヶ月ぶりに城池で竿を出して顔を見せてくれたのでよかった。

 修善寺の山口氏が遅くに来たが、今までのイメージと違い中竿の宙釣りだ。長竿の「行ってこい!」のドボンだったが変わってきた。理由を聞いたがはっきりしない。

 今日は長竿が決まった。三島の古瀬さんは21尺から始めコンスタントに絞っていた。風もないので僕は珍しくF17尺を出した。ある程度釣ったら肩の傷みがでてきて14尺に変えた。なんせカラツンが多かった。純ベラも釣れて、4枚に1枚程度のかな。

Img_8463

2020年7月12日 (日)

2020年7月12日(日)久し振りの城池堰堤!

 梅雨の長雨でしばらく釣りは出来なかった。中には雨の中パラソルを差して根性で釣りをしている人もいたようだった。

 今月に入って二回目。堰堤には御殿場の勝又氏、深宙の福島氏、古瀬氏、自分、修善寺の山口氏、水門近くに門池の人(宙)が並んだ。堰堤は主に両ダンゴの底釣りだが、純ベラが出るなど皆そこそこ釣っていた。浅瀬はトイレ前に二人、西看板前に一人入った。徐々に昨日の豪雨の狩野川の濁った水が入り影響があった。風もなく梅雨の合間の釣りだった。

Img_8424-2

2020年6月17日 (水)

2020年6月17日(水)堰堤中央で試みる。

 早めに出かけてみるが、長靴の沼津M建材のじいちゃんが堰堤入口にいたので、電柱前中央に入ってみた。

 120のデカパラが強風で何回かヘラ台ごと巻き上げられ、エサは池の中へと最悪だった。それでも純ベラはでなかったが、10枚程。

 ブルーギル等が繁殖し、いかにエサを底に早く落とすかで釣果は変わる。

Img_8312

2020年6月15日 (月)

2020年6月15日(月) 城池堰堤はコンクリが焼け暑い!!

 先週門池雛壇オデコ、もうしばらくは行くこともない。門池の全ての釣りポイントが魚に虫がついてダメみたいだ。

 城池は今月4日に狩野川の水が入り10日経った状態。門池メンバーが浅場や堰堤に来ているようだ。

 水温は冷たくなったが、それ程水は綺麗になっていない。

 ブルーギルや小魚が増え、あまい餌を打つとウキが馴染まないからカチカチの重い餌にしている。

 14尺で両ダンゴの底釣。今日は放流の純ベラも出て、ニラ太郎やマブナが働いてくれている。

 短竿階段釣りは水が入り、流れが激しく階段のヘチに根がかりし難しくなった。

 日中30度を越えパラソルをしても暑くて、夏の釣りだった。 

Img_8300

2020年5月18日 (月)

2020年5月17日〔日) 水久保池(富士宮)へ遠征

 田貫湖の手前、富士宮市青木に貯水池として江戸時代から整備された灌漑用水の池だ。

 放流はされていないが、地元有志らが田貫湖からヘラ を運んできて釣れるようだ。

 ただ濃くはないから、アタリは遠い。中心部の深水は7m程あり、コンクリートの堰堤で何尺でも棚は取れるが長竿で釣るようだ。

 韮山を4時に出ての釣行。19尺の底釣りで棚は2本と少し。

 この日は長沢会長の一人勝ちで5枚、仲間はオデコから3枚がやっとの釣果だった。静かなロケーション良い釣り場だった。

Img_8061 Img_8057

2020年5月16日 (土)

2020年5月15日(金) 城池堰堤

 連続三日の釣行。

 向かい風の中14尺堰堤で底釣。午後3時頃は風も穏やかになりアタリが出て楽しめた。

 なかなか出ない良型の純ベラも出て満足だった。

20200515

2020年5月14日(木)早霧湖へ遠征!

 三島の古瀬氏がお休みで、早霧湖へ出かけた。

 午前中風もなく、絶好の釣り日和だった。60センチ程減水していて桟橋入口付近18尺の底釣り。ウキ一本分しか出ないくらいチョウチンになった。アタリに乗れば元気な良型ヘラが釣れた。

 午後風も出始め10尺の宙釣りを試みたが、魚が水面に見える程ワンサカ浮いて難しい釣りになった。

 平日でも結構釣り人が来ていた。

20200514 202005141

«2020年5月11日(月)門池ダイヤモンドで!