フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

平成30年4月28日(土) 良い天気なのだが・・・

 風も無く、快晴。時々吹く風が気持ちよい釣り日よりだった。

 オデコでは無かったが、朝方はアタリもあり良い具合で行くのかと思いきや、昼近くになったらピタッとサワリやアタリが無くなり厳しい状態に。両ダンゴの底釣りで17尺から13尺に変えてはみたがイマイチだった。ヒシ藻が堰堤付近にも生えだして浮きが馴染まなく、底の状態が難しくなってきた。
20180428_siroike
20180428_shiroike2

2018年4月23日 (月)

平成30年4月23日(月) 熊谷プロ現れる!!

 堰堤に「週間ヘラニュース」の取材で熊谷プロと関口さんが竿を出していた。

 堰堤は7人と賑やかだった。熊谷プロと関口さんは長竿底釣りをしていたが、「週間マブナニュース」になってしまうと純ベラが釣れるまで帰らないと力が入っていた。函南のN氏と僕は15尺底釣りで韮太郎混じりの9寸程の純ベラは出ていた。他の人達は皆宙で段差か両ダンゴで、最後は熊谷プロも長竿の両グルの宙で純ベラをあげていた。浅場は大仁のT氏と門池から城池へとダブルヘッダーのN会長が午後から入った。
20180423

2018年4月14日 (土)

平成30年4月14日(土) 三島のF氏ダントツ!!

 今日は堰堤で様子見。

 未だ早いか7尺階段底釣りを試みた。極度な手前カケアガリ的な安定ポイントの落とし込み底釣りだ。
 なかなかサワリも無かったが、数回ガツンと力強いアタリがあってからアタリを合わせ40センチ程の良型純ベラが釣れた。しかしその後アタリは続かず、タナ二本少しの12尺の底釣りに変更したが今日は1枚で終わり撃沈した。
 隣の三島のF 氏は朝18尺から始め納竿する昼には13尺まで竿を変え、20枚近く釣っていた。他のヘラ師は堰堤でも浅場でも1〜4枚で皆完敗だった。
20180414     ↑ 浅場赤橋付近から堰堤方面を望む
20180414_2
       ↑ 純ベラを絞っている三島のF 氏

2018年4月13日 (金)

平成30年4月13日(金) 今日の浅場はおとなしい。

 さあ、今日は浅場で大物か、あるいは入れ食いかと期待して早めに浅場に入った。

 天気予報で北東の風、現場に到着した時も北東の風が強く浅場は向かい風。乗っ込みに魅せられ一日浅場で頑張ったが、結果からして今日の釣り場所は堰堤だった。
 10尺・12尺と竿を変えそれでも何枚かは出て、今日の最高は39センチ程の純ベラと大型赤韮太郎の顔をみた。
20180413
20180413_2

2018年4月12日 (木)

平成30年4月11日(水) いよいよ乗っ込み!!

 城池の乗っ込みが始まった。

 朝早くから浅場でバシャバシャと叩いていると会長から連絡があるが、11日も12日も釣行出来ず残念。何人か朝早くからヘラ師が浅場に陣取り、大型ベラを狙っている様子。
急に ヒシ藻も浅場の水中ではかなり芽を出し、藻狩りをしてからでないと釣りにならない。
 今週末は天気がイマイチで残念。
 乗っ込みが始まったこれからが、へら釣りのシーズン全開だ。

2018年4月10日 (火)

平成30年4月10日(火) 堰堤に入る。

 穏やかな一日で、堰堤に3人が入った。小田原太郎氏が13尺・11尺で10枚であたりっぱなし。会長は14尺・9尺で2枚、自分は15尺・13尺で3枚(全て韮太郎)と厳しい釣果だった。

20180410_2
20180410

平成30年4月9日(月) 再度浅場に!

 会長と浅場に入ったが、この日も乗っ込みはなく厳しい釣りになった。

 浅場のポイント(観察小屋横・観察小屋南・土管流れ込み・赤橋横・看板前・木の下)にはヘラ師が入り賑やかだったが、兄ちゃんべらばかりだった。唯一観察小屋南に入った自分が40センチの良型純ベラをあげた。
20180409

平成30年4月7日(土) まだ乗っ込みせず!

 前日金曜が雨でこの日の天気から乗っ込むかと期待し、強風の中浅場に入ったがヘラはおとなしかった。

 また見えないヒシ藻の芽も40センチ近く伸びて、浮きが馴染まず苦戦しアタリもなかなか出ない状況。
20180407

2018年4月 3日 (火)

平成30年4月3日(火) 浅瀬で良型純ベラが。赤韮太郎も!

 城池を惜しみながら最後の釣りとの事で滋賀へ帰る前に、修善寺のF氏がチョコッと朝から9時頃まで土管前で釣っていた場所へ午後入った。

 月光10尺でタナは一本ない。ハリスも短くし上針0.6、下針0.8を使った。兄ちゃんベラが多いが39センチ含め良型純ベラも釣れた。中に全身キレイな赤韮太郎も出た。堰堤からの風が強く、浮きが流され絞ってしまい、それが無ければ爆釣の気配だった。
20180403
20180403_2
20180403_320180403_aka

平成30年4月2日(月) 堰堤17尺バランスグルテンセット

 兄ちゃんベラがほとんどで、韮太郎が数枚純ベラは出ず。

 浅瀬では土管前に修善寺のF氏が10尺の短竿で型の良い純ベラをあげていた。5年間単身赴任でこの伊豆へ来て休みの日には城池でへら釣りを楽しんだが、明日家族のいる滋賀へ帰るそうだ。寂しくなる。琵琶湖で大型ヘラを楽しむとこ事。お元気で!!
20180402_2
                      滋賀へ帰られる修善寺のF氏  ↓
20180402

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »