フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月29日 (水)

2019年5月22日(水)今日は渋いな、城池。

 雨が降った翌日はフナは活発になるのだが、堰堤はおとなしかった。

 三嶋のK氏と函南のN氏が朝早くから竿を出していたとのことだった。14尺でアタリはそこそこあった。

 8尺の階段底釣りもイマイチだった。

Img_6405 Img_6408城池上空にオスプレイ

 

2019年5月28日 (火)

2019年5月21日(火) 南西の強風のため、観察小屋横の浅瀬に。

 すごい風で、堰堤はバシャバシャで釣り出来ず。浅場の観察小屋横で短竿を出す。

 始め10尺でタナ1本弱でいきなりウキ下の道糸が切れた。換えの仕掛けがないので11尺の1.5に切り替え、さわりは続かないがアタリはあって、小雨が降り出した2時までやった。釣果はカメ3匹、ブル2枚、子フナ1枚、20〜30センチの城池産マブナ(ヘラ?写真参照)8枚、ニラ太郎0枚だった。久しぶりに浅場に入ったがそこそこ楽しめた。

  Img_6396Img_6401

Img_6400可愛い子フナが釣れた。

2019年5月27日 (月)

2019年5月27日(月) N会長は門池東ひな壇で城池堰堤は一人。

 土日二日間門池で疲れた。今日、N会長は門池の東ひな壇で底釣りをするが思わしくなかったとの事。

 城池堰堤は函南のN氏がカメを4枚、昨日は5枚とカメの入れ食いをなげいていて、丁度エサの落下時点でニラ太郎の死骸を吊り上げ原因がわかったらしくカメが群がっていたたと言っていた。N氏の横に愛知県ナンバーの人がいたので今日は堰堤入口に入った。

 14尺の両ダンゴバランスでよくウキは動き相変わらずニラ太郎ばかり。純ベラに近い城池産のマブナが混じった。

Img_6384 

2019年5月26日 (日)

2019年5月26日(日) 門池東ワンド

 メンバーは今日、門池東ワンドに集まった。

 始め18・19尺の両ダンゴ底釣りをするが、西風と左から右に流れが強く16尺前後に短くする。16尺は丁度駆け上がりのジャカゴにハリが掛かりリスクのあるポイントだった。常連さんによると門池は一週間前まではどこでも30〜40枚の釣果はあったらしいが、ここ数日は落ち込んでいるらしい。

 釣果は土管手前から江間のF氏(5枚)、三島のF氏(8枚)、私(11枚)、修善寺のY氏(5枚)。ひな壇と違い釣れれば肩の張った良型が期待でる。東ワンドは短竿の一本棚の宙釣りが多い。

Img_6383 写真はヘラを真っ直ぐに出来ず、しかし肩の張った良型だ。

2019年5月25日 (土)

2019年5月25日(土) 門池は超満水、ひな壇も一部長靴が・・

 ひな壇はいつも長靴無しで蛇籠の上にヘラ台を置いてできる。しかし今、ひな壇西側の釣り場は水没している。新しく出来た場所で何とかできる所がある。今日はそこで修善寺のY氏、三島のF氏の3人で15尺両ダンゴの底釣りをした。ここは数人セットしたら満員だ。カラツンが多く、一人5〜10枚前後の釣果だった。

Img_6373 Img_6377

 

2019年5月24日(金) まだ5月なのに暑い!

 気温は30度を超え、パラソル無しでは自殺行為と思わせるほど。

 城池堰堤はニラ太郎の働きでそこそこ楽しませてくれている。   

 風が弱ければ17・18尺で大物の引きを楽しめるし、階段先の13・14尺でもスーパーニラ太郎や赤ニラ、そして20〜25センチ程の城池産マブナ(純ベラ?)も釣れている。掟破りの「短竿階段底釣り」では良型の純ベラが混じる。

20190524_2 Img_6370_1

月光8尺、底釣りは階段ヘチに何度もハリがかかるので、難しいが、時に良型純ベラが期待できる。

2019年5月22日 (水)

2019年5月22日(水) 城池満水!

昨日の大雨で、城池は満水。オーバーフローから水は溢れているが、フナはで出ていない。(N会長が確認済)

今日は穏やかとの予報で、10時半スタートで17尺を出したが向かい風でニラ太郎一枚がやっと。その後8尺の階段底釣に切り替えてそこそこ釣れた。

浅瀬ではF氏が純ベラ5枚ニラ太郎が5枚あげていた。堰堤中央ではR氏が段差の宙で良型の純ベラを数枚あげていた。

20190522_shiroilke  20190522_dhiroike2 

2019年5月13日 (月)

2019年5月12日(日) 堰堤は6人並ぶ!

  西から三島のK氏(オデコ)、函南のN氏(1枚)、小田原太郎氏(2枚)、自分(4枚)、別荘のO氏(4枚)、三島のY氏(2枚)

 泡付けはすごいが、食いアタリが出なく様子が変だった。魚の気配はあるがアタリにならなず、厳しかった。

Img_6305Img_6307_1

2019年5月10日(金) 大仁北小6年生がまろに夢中!

 いい天気で釣り日和だった。

 子供達がまろに夢中で賑やかで釣りにならなかった。あいにくアタリもなく厳しかった。

Img_6291 Img_6305     

2019年5月 9日 (木)

2019年5月8日(水) 純ベラは一割!

 堰堤は釣れている。浅瀬でアタリがないと三島のK氏が堰堤に来ている。

 朝から1日やっていると二桁はいけるが、純ベラは一割程度で数年前に生えた城池産で大物は釣れない。

 ニラ太郎が働いてくれているので、1日楽しませてくれる。

 Img_6246Img_6276

2019年5月 7日 (火)

2019年5月6日(月) 田貫湖へ遠征!

 N会長は前日から車中泊をして、への字で短竿両ダンゴバランス底で25枚とまずまずだった模様。

 翌日は神社前桟橋に三島のF氏と3人で、暗い中準備し4時半スタート。16尺・15尺の底釣りで棚は3本半弱。満水より20センチ程減水している。桟橋と水面は結構離れている。朝から雨が降りそうな天候で、吹く風が冷たく非常に寒く冬格好でない自分はこたえた。昼前には大粒の雨も降って悪天候の釣りだった。

 始めてから間もなく良型が2枚出て順調かと思いきや、アタリがなかなか出ず苦戦し最終的には6枚だった。F氏は竿の長さや釣り方を試して、15枚程の釣果が出た。N会長は13尺の底で攻めたがアタリが出なく納竿まじかにドボンで3枚程釣った。地元のヘラ氏も「今日はよくない」と話していた。

 帰り大型連休の最終日とあって、西富士道路や新東名など渋滞かと心配したが、普段の土日よりスムーズに帰って来られた。

Img_6250_1 Img_6254

2019年5月 6日 (月)

2019年5月2日(木)門池遠征

 修善寺のY氏、三島のF氏の3人で門池ひな壇に遠征した。

 綺麗な広いひな壇となって、釣り易くなった。この日は西側のロープ前に4・5人、東浅場に数人、東側ひな壇に1人、西側ひな壇に12人程が入った。15尺両ダンゴのバランス底をやるが、初めに2枚出てから全くウキが動かず早めに納竿してしまった。他の人は10〜15枚は絞っていた。

20190502  

2019年5月 1日 (水)

2019年5月1日(水) 今日も浅瀬ははたいていない。

 4月29日(月)に浅瀬で乗っ込みが始まったが、30日、5月1日とこの2日全くはたいていない。その後浅場の荒食いは無くなり、連日爆釣を期待していたヘラ師はがっかりで、良い思いは1日で終わった感じだ。城池浅場はこれからだらだら乗っ込みになっていく。

堰堤はアタリが無くなった。フナが堰堤付近にいる感じがしない。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »